メンバー

教授 田近 英一 TAJIKA, Eiichi tajika[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
連携准教授 関根 康人 SEKINE, Yasuhito sekine[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
連携研究員 尾崎 和海 OZAKI, Kazumi kazumi.ozaki[at]eas.gatech.edu
原田 真理子 HARADA, Mariko mharada[at]toyaku.ac.jp
門屋 辰太郎 KADOYA, Shintaro skadoya[at]uw.edu
小玉 貴則 KODAMA, Takanori koda[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
修士課程2年 秋山 歩美 AKIYAMA, Ayumi akiyama[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
多田 賢弘 TADA, Toshihiro tTada[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
宗廣 拓磨 MUNEHIRO, Takuma 7172864245[at]edu.k.u-tokyo.ac.jp
修士課程1年 渡辺 泰士 WATANABE, Yasuto yasuto[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
学部4年 桐野 将伍 KIRINO, Shogo sk0408[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp
日下部 瑞季 KUSAKABE, Mizuki mizuki-kusakabe779[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OB・OG

在籍 名前 研究テーマ
~2017年 門屋 辰太郎 「ハビタブルゾーンにおける地球類似惑星の気候の多様性及び進化に関する理論的研究」
  〃 常 昱 「衝突実験とカソードルミネセンス測定に基づく衝撃変成石英の新しい衝撃圧力計の開発」
  〃 小玉 貴則 「中心星光度進化に対する地球型ハビタブル惑星大気の進化」
  〃 小林 貴大 「海洋無酸素イベントにおける基礎生産者の挙動に関する理論的研究」
~2016年 原田 真理子 「原生代初期における大気酸素濃度上昇に関する理論研究とシアノバクテリアのプロモーター分子系統解析」
  〃 大井手 香菜 「海洋有光層生態系モデルの開発と有光層ユーキシニア発生条件の解明」
  〃 中川 裕介 「太古代における地球表層環境と海洋生物基礎生産の理論的制約」
  〃 渡邊 吉康 「ハビタブルゾーンにおける地球類似惑星が取り得る気候モードの自転軸傾斜角及び軌道離心率依存性」
~2015年 加藤 知瑛 「暁新世/始新世境界における海洋生物化学循環変動」
  〃 小林 健 「火星の自転軸傾斜角変動にともなう二酸化炭素システムの変動」
  〃 羽倉 幸一 「はやぶさ2の小惑星表面試料回収を模擬した衝突実験」
~2014年 森見 俊幸 「顕生代における陸上植物の出現と進化が長期的炭素循環に及ぼした影響」
  〃 野津 太一 「珪酸塩鉱物の化学風化過程の支配要因に関する理論的研究」
  〃 中村 海 「原生代初期における大気酸素濃度変動と安定性に関する地球化学的研究」
  〃 福島 俊 「湿潤温室条件における海惑星環境とその進化」
~2012年 尾崎 和海 「海洋の酸化還元状態と生物地球化学循環に関する理論的研究」
~2011年 松岡 景子 「LPTM期における海洋環境変動と炭素循環」
  〃 高橋 朋哉 「物質循環モデルを用いた顕生代における海洋組成変動の復元」
  〃 後藤 孝介 「オスミウム同位体分析に基づく原生代初期氷河期直後における大気酸素濃度の変動復元」
~2010年 足立 数馬 「炭素循環を考慮した惑星気候の軌道要素依存性に関する研究」
  〃 遠藤 慶 「白亜紀/第三紀境界イベントにおける大気・海洋環境変動」
  〃 安孫子 寛樹 「地球史最初期海洋化学組成の実験的研究」
~2009年 奥 元良 「小惑星のレゴリスは衝突起源か―イトカワ・エロスの岩塊サイズ頻度分布による検討」
  〃 金井 健 「炭素循環モデルを用いた全球凍結イベント終了直後の大気海洋状態の推定」
~2008年 石井 徹之 「火星のアルバ・パテラ地域における衝突クレータの統計学的および形態学的解析」
  〃 久保田 恵子 「全球凍結過程における海洋生物化学循環の挙動」
~2007年 阿久津 克枝 「白亜紀/第三紀境界における炭素同位体比変動と地球環境変動」
  〃 木村 壮 「カナダ・オンタリオ州ヒューロニアン累層群にみられる堆積性パイライトのRe-Os年代決定」
  〃 田島 薫雄 「鉛直1次元海洋生物化学循環モデルの開発とその古海洋学的応用」
~2006年 藤本 峰雄 「固体天体の表面画像と詳細地形:フォトクリノメトリーによる地形の復元」
  〃 平井 建丸 「カナダ・アメリカ合衆国における原生代初期氷河堆積物と酸化還元環境変化に関する研究」
~2004年 中村 貴純 「南北1次元エネルギーバランス気候モデルを用いた火星気候システムの研究」
  〃 後藤 和久 「キューバにおける白亜紀/第三紀境界の津波堆積層の形成機構に関する研究」
  〃 和志武 功久 「天体衝突現象の数値シミュレーション」
~2002年 池田 敬 「鉛直1次元移流拡散海洋物質循環モデルを用いた第四紀の海洋炭素循環の研究」
~2000年 濱田 欣孝 「中生代の炭素循環と気候変動の数値モデリング」