イベント

2017年3月28日 第8回深宇宙探査学シンポジウム

第8回深宇宙探査学シンポジウムのテーマは「ー深宇宙探査への近道を探せー」。

「深宇宙探査への近道」とは切っても切れない関係にある超小型衛星の過去・現在・未来について、分野横断的な視点での議論が行われました。

                    

 

●プログラム

10:00~10:10

開会の挨拶 味埜 俊

(東京大学 大学院新領域創成科学研究科長)

10:10~10:40

船瀬 龍(東京大学 大学院工学系研究科)

「超小型月ラグランジュ点ミッションEQUULEUSの概要と将来計画」

10:40~11:10

平原 聖文(名古屋大学 宇宙地球環境研究所)

「KASIによる地球電磁気圏探査CubeSat計画「SNIPE」と日韓協同」

11:10~11:20 休憩

11:20~11:50

桒原 聡文(東北大学 大学院工学研究科)

「東北大学における超小型理学観測衛星プロジェクトの概要と将来展望」

11:50~12:20

笠原 慧(東京大学 大学院理学系研究科)

「探査機搭載質量分析器の開発:これまでとこれから」

12:20~13:20

昼食

13:20~13:50

中村 貴裕(株式会社 ispace)

「HAKUTOとその後の展望」

13:50~14:20

吉岡 和夫(東京大学 大学院理学系研究科)

「探査機の規模に応じた搭載機器の開発(光学観測)ー超小型でどこまで攻めるかー」

14:20~14:50

松永 三郎(東京工業大学 工学院機械系)

「50kg級超小型衛星「TSUBAME」から「ひばり」へ」

14:50~15:00 休憩

15:00~15:30

江副 祐一郎(首都大学東京 大学院理工学研究科)

「X線による太陽系探査と超小型衛星の活用」

15:30~16:00

橋本 樹明(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)

「超小型月着陸機OMOTENASHIの挑戦ーCubeSatで月に着陸できるのか?ー」

16:00~16:40

パネルディスカッション「深宇宙探査への近道とは?」

16:40~17:00

閉会の挨拶 鈴木 宏二郎(東京大学 大学院新領域創成科学研究科)

 

※新領域創成科学研究科では、2011年から深宇宙探査学シンポジウムを開催してきました。
過去のプログラムについてはこちらをご参照ください。

 

2016年10月21~22日 柏キャンパス一般公開

今年は今村研究室と一緒に、光の性質についての実演を2種類行いました。

一つ目は、水槽にワックス液を溶かした水を入れ、懐中電灯の光をあてることで夕焼けを再現する実験です。

IMG_8315 

 

光の波長による散乱のしやすさの違いをわかりやすく見せるため、懐中電灯の光を虹色に分光してから水槽に入射させる試みもしました。

IMG_0741

(波長が長い光ほど散乱されにくいため、減衰が少ない)

 

二つ目は、炎に塩を入れて炎色反応を起こし、そこにナトリウムランプの光を当て、光の吸収によって炎を黒くする実験です。

IMG_0742

今年も、小学生からお年を召した方まで、幅広い世代の方に来ていただきました。ご来場いただき、ありがとうございました。

 

2016年9月~10月 モスクワ州立大学の学生2名が短期留学生として在籍しました。

一ヶ月という短い期間でしたが、大いに議論し、親睦を深めることができました。

IMG_0507 IMG_0503 IMG_0505

お互い英語が母語ではないので、歩み寄りながらコミュニケーションをとることが求められたように感じます。

9月末には立教大学を訪問し、セミナー発表をしました。

IMG_0588 IMG_0589

ロシア式の乾杯の方法を教えてもらいました。

IMG_0623

 

 

2016年9月23日 第7回深宇宙探査学シンポジウム

第7回深宇宙探査学シンポジウムのテーマは「ー火星着陸のために、いまできることー」。

日本における惑星探査の現状を踏まえ、火星に日本の探査機を送りこむための戦略について多面的に議論する会合となりました。

今後の深宇宙探査にとって鍵となる超小型衛星の展望や、火星大気圏のサイエンスについてなど、実に様々な背景を持つ方のご講演がありました。

IMG_8035IMG_8037

IMG_8043IMG_8047

IMG_8050IMG_8052>

IMG_8057IMG_8062

IMG_8073IMG_8079

IMG_8085IMG_8092

 

●プログラム

10:00~10:10 開会の挨拶

杉田精司(東京大学 理学系研究科/超小型探査機開発拠点)

10:10~10:50 永田晴紀(北海道大学 工学研究院)

「相乗り衛星に搭載可能なハイブリッドキックモータの開発」

10:50~11:30 小泉宏之(東京大学 新領域創成科学研究科)

「超小型衛星用推進系の現在とこれから」

11:30~12:10 船瀬龍(東京大学 工学系研究科)

「超小型衛星による宇宙探査の成果と将来」

12:10~13:10 昼食

13:10~13:50 鈴木宏二郎(東京大学 新領域創成科学研究科)

「展開型膜面エアロシェル超小型火星マルチ探査MAME 構想」

13:50~14:30 上野宗孝(神戸大学 惑星科学研究センター)

「惑星探査に向けた,多様なアプローチ」

14:30~15:10 今村剛(東京大学 新領域創成科学研究科)

「惑星大気圏の探査」

15:10~15:50 臼井寛裕(東京工業大学 地球生命研究所)

「火星に関する現状認識 および日本の探査戦略」

15:50~16:30 パネルディスカッション

16:30~16:45 閉会の挨拶

味埜俊(東京大学 新領域創成科学研究科長)

 

 

※新領域創成科学研究科では、2011年から深宇宙探査学シンポジウムを開催してきました。
過去のプログラムについてはこちらをご参照ください。

 

 

2015年12月1日~3日  磁気圏シンポジウム

「磁気圏シンポジウム」(国際学会)が、東京工業大学の大岡山キャンパスにて開催されました。

メインテーマの一つとして、ひさき衛星の成果を中心とする外惑星磁気圏が掲げられており、

吉川教授や吉川研究室OBの吉岡さんが講演を行いました。

M1の鈴木・疋田はポスター発表を行いました。

P1050757

imagejpeg3imagejpeg2

 

2015年10月7日   野口聡一先生の講演 @柏キャンパス

新領域創成科学研究科の授業「深宇宙実践学」の一環で、宇宙飛行士の野口聡一先生に、今後の宇宙への進出についての講演をしていただきました。

授業をとっている学生以外にも多くの聴衆が集まり、講演の後のディスカッションの時間では、活発な議論が交わされました。

IMG_6983 IMG_6979 IMG_6981

 

2015年6月上旬 人工衛星「ひさき」の国際会議

アトランタで開かれた学会、Magnetospheres of Outer Planets の会場にて、ひさきのデータ解析結果に関する国際会議を行いました。

 

IMG_1550  IMG_1551  IMG_1552

 

 

 2015年2月15日 人工衛星「ひさき」データ講習会

東北大学にて、衛星ひさきのデータの講習会を行いました。

IDLを用いた具体的な解析手法について、実際に手を動かしながらの講習会となりました。

その際の資料がこちらです。

HISAKIデータ解析_L2_V1_1

EXCEEDデータ講習会_201502_v1_1

IMG_1220

 

2014年5月28日 深宇宙探査学シンポジウム

新領域創生科学研究科では、理工連携による太陽系内外の探査をテーマに、深宇宙探査学シンポジウムを開催してきました。

第5回では吉川教授が参加し、ひさき衛星による惑星大気光の観測について講演しました。

 DS5-min

 

過去のポスターはこちら