渡辺 泰士 (WATANABE, Yasuto)

 渡辺 泰士(WATANABE, Yasuto)

yasuto[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp [ORCID/Researchgate/GoogleScholar]

地球環境システムや惑星気候システムの変動,様々な時間スケールでの安定性・変動性に興味を持ち,数値シミュレーションの手法から研究を行っています.

1994.12. 誕生
2013.04. 東京大学教養学部理科Ⅰ類入学
2017.03. 東京大学理学部地球惑星環境学科卒業
2019.03. 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程卒業
2019.04. 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程進学

 

所属学会

米国地球物理学連合
日本地球惑星科学連合
日本気象学会
日本地球化学会
地球環境史学会

 

研究対象

   初期地球における物質循環と気候安定性

   軌道要素変動に対する火星型気候システムの挙動

   更新世初期における4万年周期の氷期間氷期サイクルの形成メカニズム

 

業績

   論文

 – 査読あり

   国際学会発表

 – 主著

  1. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2020), Consequence of Hydrocarbon Haze Formation on Global Carbon Cycle under Anoxic and Mildly Oxidized Environment, Goldschmidt 2020 [submitted]
  2. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2020), Potential Positive Feedback Mechanisms in an Anoxic Environmental System of a Planet with CO2-CH4 Atmosphere, Oral Presentation, JpGU-AGU Joint Meeting 2020 [scheduled]
  3. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2020), Effect of Hydrocarbon Haze on Climate Stability under Mildly Oxidized Late-Archean Environment, Oral Presentation, JpGU-AGU Joint Meeting 2020, invited [scheduled]
  4. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2019), Haze-free Warm Climatic Condition and Its Stability in the Anoxic Archean Earth, Oral Presentation, AGU 2019 (2019.12.09-13, San Francisco, USA)
  5. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2019), Global Carbon Cycle and Climate Stability in the Early Earth System, Oral Presentation, AbSciCon 2019 (2019.06.24-28, Hyatt Regency Bellevue, Washington, USA)
  6. Yasuto Watanabe, Eiichi Tajika, Kazumi Ozaki, Peng K. Hong (2019), Effects of the formation of hydrocarbon aerosols on the climate stability of Earth-like planets and their habitability, Oral Presentation, Japan Geoscience Union Meeting 2019 (2019.05.26-30, Makuhari-Messe, Chiba, Japan)

 – 共著

  1. Ryotaro Todoroki, Ayako Abe-Ouchi, Fuyuki Saito, Yasuto Watanabe, Wing-Le Chan. (2020). Analysis of the deglaciation of MIS 11 (Termination V) using an ice-sheet model, Poster Presentation, JpGU-AGU Joint Meeting 2020 [scheduled]
  2. Kanon Kino, Ayako Abe-Ouchi, Ryouta O’ishi, Fuyuki Saito, Masakazu Yoshimori, and Yasuto Watanabe. (2019). Role of the Earth’s orbital parameters (obliquity, precession, and eccentricity) in the glacial-interglacial warmings, Oral Presentation, 15th International RSM workshop (2019.11.19-21, Kashiwa, Japan)
  3. Ayako Abe-Ouchi, Wing-Le Chan, Yasuto Watanabe, Sam Sherriff-Tadano, Takashi Obase, Kanon Kino, Fuyuki Saito, Kenji Kawamura, and Takahito Mitsui. (2019). Modelling the glacial cycles with 40 kyr cycle before MPT: Why and how different were the ice sheet and climate from the recent 100 kyr cycle world?, Oral Presentation, EGU General Assembly 2019 (2019.04.07-12, Vienna, Austria)
  4. Ayako Abe-Ouchi, Fuyuki Saito, Wing-Le Chan, Kanon Kino, Yasuto Watanabe and Ryouta O’ishi. (2017). Relative role of astronomical forcings and the atmospheric carbon dioxide during the glacial cycles of the last 1.5 million years, Oral Presentation, AGU Fall Meeting 2017 (2017.12.11-15, New Oreans, USA)

 

   国内学会発表

 – 主著

  1. 渡辺泰士, 田近英一, 尾崎和海, 洪鵬 (2019), 太古代の気候安定性における酸素濃度上昇の役割, 口頭発表, 地球環境史学会年会(2019.11.16-17, 産業技術総合研究所).
  2. 渡辺泰士, 田近英一, 尾崎和海, 洪鵬 (2019), 大気光化学-海洋微生物生態系-炭素循環結合モデルから示唆される太古代の炭素収支と気候安定性, 2019年度日本地球化学会年会 (2019.09.17-19, 東京大学)
  3. 渡辺泰士, 田近英一, 尾崎和海, 洪鵬 (2019), 太古代の炭素循環システムの挙動特性と高温環境の必然性, 口頭発表(招待講演), 日本地球惑星科学連合2019年大会 (2019.05.26-30, 幕張メッセ)
  4. 渡辺泰士, 田近英一, 尾崎和海, 洪鵬 (2019), 初期地球の炭素循環と気候の安定性:大気光化学と海洋微生物生態系の役割, 口頭発表, 第44回生命の起原および進化学会学術講演会 (2019.03.18-20, 国立天文台三鷹キャンパス)
  5. 渡辺泰士, 田近英一, 尾崎和海, 洪鵬 (2018), 太古代の炭素循環における大気光化学及び海洋微生物生態系の役割,口頭発表, 第4回地球環境史学会年会 (2018.11.17-18, 東北大学)
  6. 渡辺泰士, 田近英一, 門屋辰太郎(2018), 火星の気候多重性とハビタビリティ:南北非対称地形と軌道要素の役割, 口頭発表, 日本地球惑星科学連合2018年大会(2018.05.20-24, 幕張メッセ)
  7. 渡辺泰士, 阿部彩子, 齋藤冬樹, 木野佳音(2018), 更新世初期(~1.6-1.2Ma)の4万年周期の氷期サイクル:歳差,離心率,地軸傾斜の変動の役割, 口頭発表, 日本地球惑星科学連合2018年大会(2018.05.20-24, 幕張メッセ)
  8. 渡辺泰士, 阿部彩子, 齋藤冬樹, 木野佳音(2018), 更新世初期の4万年の氷期間氷期サイクルの形成メカニズムと更新世後期の10万年サイクルとの違い, 口頭発表, 日本気象学会2018年度春季大会(2018.05.16-19, つくば国際会議場)
  9. 渡辺泰士, 阿部彩子, 齋藤冬樹, 木野佳音(2017), 更新世初期の4万年周期の氷期間氷期サイクルの再現と軌道要素の役割, 口頭発表, 地球環境史学会年会(2017.11.18-19, 九州大学).
  10. 渡辺泰士, 田近英一, 門屋辰太郎, 小林建(2017), 火星の地軸傾斜の変動に伴う火星二酸化炭素システムの応答の解析, 口頭発表, 日本惑星科学会2017年秋季講演会 (2017.9.27-29, 大阪大学).
  11. 渡辺泰士, 阿部彩子, 齋藤冬樹(2017), 更新世の長周期気候変動の解明に向けて:氷床モデルによる更新世初期の4万年変動の再現(Toward understanding the climate change in the Pleistocene: Reproduction of the dominant 40-kyr periodicity in the early Pleistocene using an ice-sheet model), 口頭発表, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 (2017.05.20-25, 幕張メッセ).
  12. 渡辺泰士, 阿部彩子, 齋藤冬樹(2016), 更新世の長期気候変動のメカニズムの解明に向けて ~氷床-気候モデルを用いた解析~, ポスター発表, 第2回地球環境史学会年会(2016.11.26-27, 早稲田大学).

 – 共著

  1. 阿部彩子, 小長谷貴志, 齋藤冬樹, 川村賢二, 津滝俊, 藤田秀二, 本山秀明, 渡辺泰士, Ralf Greve, シェリフ多田野サム, 木野佳音, Wing-Le Chan, 三ツ井孝仁(2019), 過去150万年の氷期サイクル気候と古い南極氷探索のためのモデリング研究, 口頭発表, 雪氷研究大会(2019.09.08-11, 山形大学)
  2. 阿部彩子, 齋藤冬樹, 木野佳音, 渡辺泰士, 吉森正和, 大石龍太, 川村賢二, 三ツ井孝仁(2018), Relative role of astronomical forcings and the atmospheric carbon dioxide during the glacial cycles of the last two million years, 口頭発表, 日本地球惑星科学連合2018年大会(2018.05.20-24, 幕張メッセ)

 

   表彰

  1. 日本学生支援機構 平成30年度特に優れた業績による返還免除, 日本学生支援機構, 2019
  2. 地球環境史学会優秀発表賞, 第3回地球環境史学会年会, 2017
  3. 地球惑星環境学特別研究最優秀賞(学内), 東京大学理学部地球惑星環境学科, 2017

 

   アウトリーチ

  1. 多田賢弘, 渡辺泰士(2019), 東京大学理学部オープンキャンパス 学生による小柴ホール講演会 東南アジアに巨大隕石衝突の痕跡を探す, ファシリテーター

 

   ティーチング・アシスタント(TA)

  1. 地球惑星環境学基礎演習I,理学部地球惑星環境学科,2018-2019年度
  2. 地球惑星環境学基礎演習II,理学部地球惑星環境学科,2017-2019年度

 

   その他

  1. 阿部彩子, 吉森正和, 山本彬友, Wing-Le Chan, 大石龍太, 高橋邦生,大垣内るみ,小長谷貴志,シェリフ多田野サム, 西村照幸, 木野佳音, 渡辺泰士, 鈴木まりな, 齋藤冬樹, 小玉貴則, (2018), 古環境研究および気候将来予測に資する気候数値実験,Annual Reports of the Earth Simulator

 

学位論文

   修士論文 (指導教員:田近英一)

「太古代の気候安定性と炭素循環における大気光化学と海洋微生物生態系の役割」

   学士卒業論文 (指導教員:阿部彩子)

「更新世の長周期気候変動の解明に向けて:氷床モデルによる更新世初期の4万年変動の再現」