新着情報 (News)

内部太陽圏探査

2019/12/12 11:54:12 PM

名古屋大学宇宙地球環境研究所で開催された国際研究集会 “New perspective of inner heliosphere studies” に今村と修士学生の千葉翔太さんが参加してきました。今村は金星探査機「あかつき」を用いた電波掩蔽による太陽コロナの観測について話をしました。水星探査機BepiColombo、NASAのParker Solar Probe、太陽望遠鏡、地上電波観測、あかつきなどによる太陽近傍のプラズマ環境の協調観測について議論が盛り上がりました。電波掩蔽観測が他の手段では得られない貴重な手がかりをもたらすことを再確認しました。

学会発表プレスリリース

2019/10/24 4:48:56 PM

修士課程の福谷貴一さんが熊本市で開催されている地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)講演会において金星の熱赤外画像を用いた研究成果について発表を行い、その内容が学会からプレスリリースされました(3論文のうち3番目)。これまで知られていなかった雲の構造や夜側の大気運動を明らかにしたものです。

EPSC-DPS Joint Meeting 2019

2019/09/26 10:57:18 PM

研究成果を発表する修士2年の福谷貴一さん

スイス・ジュネーブで今月開催された惑星科学の国際会議EPSC-DPS Joint Meeting 2019において、博士課程の奈良佑亮さん、修士課程の福谷貴一さん、今村が金星探査機あかつきの観測データを用いた研究の成果を発表しました。いずれもこれまで知られていなかった金星大気中の流体現象を報告したものです。福谷さんの発表はESAのサイトメディアでも取り上げられています。

太陽コロナの観測

2019/08/06 10:27:02 AM

今月5日から20日にかけて太陽の観測を実施しています。金星探査機あかつきが地球から見て太陽のほぼ反対側を通過する機会をとらえて、探査機から送信される電波を太陽近傍の高温ガス「コロナ」を通過させ、それをJAXA宇宙科学研究所の協力のもと地上の大型アンテナで受信しています。この観測によって、コロナが高温となり太陽風として吹き出すメカニズムを調べます。ふだん金星大気に対して行っている電波掩蔽観測の太陽版です。2011年の観測の成果はこちらで紹介されています。


過去のお知らせ

Banner